GreenWinNetworkニュース 1月21日など、グリーンウィンで携帯無料通話!登録料・利用料・通話料完全無料!グリーンウィンの輪を世界中に広げたい・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■モビポータル:
完了、現在試験モード中。テレコム開発チームは特定の携帯電話へのダイアラーソフトのダウンロードをしなくてもすむバージョンの作業中です。これはダイアラーコンフィギュレーションなしで多くの携帯電話がモビポータル(GWN携帯無料通話アプリ)を使用できるようになります。


■GreenWinメッセンジャー:
完了、現在試験モード中。メッセンジャーチームは、トップアップクレジット機能の統合とダウンロード場所のセッティング、及びシステムの更新をしています。間もなく終了。


■サイト:
全ては進行中で完了真近です。 親会社のグリーンウイン・グループの新サイトは自己ポータルを持ちます。我々はそのニュースポータルへグリーンウイン・グループでの全ての活動や、現在進行中のビジネスの進捗情報などを公開していきます。

グリーンウイン・テレコム、モビサイト、グリーンウイン・テクノロジー、グリーンウインネットワークも含みます。そのニュースポータルはメンバーやステークホルダー(未公開PEP株所持者)内の一部の熱狂的な最新ニュース探求者をも必ず満足させると思います。


■シムカード: 
期待したより早くこの“スマートシム”カードの製造に入ります。 
新GWテレコムサイトが立ち上がるのをお待ち下さい。


■G-フォン: 
言えること全ては “ワオッ” です。 
最新のコンフィギュレーション、セッティング、機能をともなった新しい携帯電話機となりました。 これは2月に発送を始められます。


■ステークホルダー(未公開PEP株所持者):
以前にも言いましたように、貴方のエクイティー(PEP)は今月末前に、親会社であるグリーウイングループ(株)へ移管となります。 これはグリーンウイン・グループ全体の業績から報酬を受けられることを意味します。


■その他:
GW テレコムは、商品サービスのパッケージ販売を直接、数百万の潜在顧客に販売すべく既に数社と契約をしており、シムカードとG-フォンの大量注文のつめに入っています。

我々のゴールはGWテレコムを今夏の終わりまでに60カ国強で運営することです。GWテレコムは、一定地域内で当商品、サービスの販売のため能力あるJVパートナーを活発に募集、交渉してきています。

例: 最近のJVパートナーの一社は、ケーブルTVチャンネルを通じて当商品、サービスを販売します。まずは2月にイタリアから始まります。 そして彼らの他のチャンネルへも、それから2011年度中に他の国へも拡張していきます。

もう一つのJVパートナーは、彼らの顧客へ一千万枚のシムカードをサービスします、(Gフォンの景品として?)・・・。 
数十万台のGフォンも・・・。
上記は現在進行中の2例です。


■もちろんグリーンウインネットワークも、グリーンウインテレコムから商品サービスを購入する非独占ディストリビューターです。 両者ともグリーンウイングループ(株)の保有会社です。


■モビサイトにはいくつかのエキサイティングな動きがあり、開通は短期間の時間枠で可能となるでしょう。 しかしながら、あなた方の誰もモビサイト、又はその機能を見たこともなければ経験したこともありませんので、ここでは未だその機能の理解を期待していませんが、その動作を見ると ”ビックリ” するででしょう。 
モビサイトは特許申請テクノロジーシステムです。

いつものように、上記についてサポートへの問合せはしないで下さい。 
関連サイトのアップをお待ち下さい。


■グリーンウイン・グループのステークホルダーであることについて、以下を参照下さい。 ステークホルダープログラムはグループの配分から利益をできるだけ多くのメンバーにも、もたらす為の我々の社会首唱の一部です。 

株式上場前の限定ディスカウントPEP未公開株は、将来に向けその先見性と度胸をもったメンバーに対するものです。

・ステークホルダーはGWで利益配分の一定%を得る。

・ステークホルダーはGreenWin Group Ltd. の資産ポイントを保有する。

・ステークホルダーは株上場時大きな利益を生むであろう会社の株に変換されるPEPを持つ。

・転換比率は、最高100対1

・意味するところは1PEPが100株に転換される。

・転換率は株上場時に決定される。

・転換比率は上場時の会社資産評価により決定される。

例:もし交換比が100対1、1000ペップ持っていたとするならば、100,000株の割り当てとなる。

・この割り当ては「投票権行使」付き割り当て配当ではない。(株主としての行使権は無し)

・株転換時の株価が2ユーロの場合、上記例の場合で分配価値は200,000  ユーロとなる。

・100:1の交換比は保障ではない。 10:1, 20:1 など、交換時の会社市場価値による。

・株転換時は転換比率は小さく分配価格が大きいはずである。

・しかしながら、”蓋然性”(見込みの意)は、PEPの株転換からステークホルダーは極めて大きい利益マージンを得る可能性があります。

・利益の分配は月毎、小額から始まるが会社実績の増加にしたがい月毎に増えていくでしょう。

・PEPから株転換後、株主利益配分(配当)は90日毎(四半期毎)となる。

・PEPは個人的に売買する事ができる。公開前の名目価値は1PEPは1ユーロ。

・PEPから株への転換まで当概価値の1PEPは1ユーロへ固定される。

・株価は、実績、新技術、市場占有規模、会社資産評価の要因により上下する。



▼ステークホルダー(未公開PEP株所持者)へなることを希望する場合は

  アラートペイへの支払いを通じてPEPを購入できる。

GWNアカウント: support@greenwinnetwork.com  
(APの支払い先;上メニューのSend Moneyボタンから購入)

最低購入量は10PEP ( =10ユーロ)。

500ユーロ又はそれ以上の大きい額の購入は、直接銀行からの送金にて可能。
上記アドレスからGWNサポートへ銀行情報を尋ねて下さい。

記:APにての送金時、支払いページのメモ欄に貴方のGWNユーザーネームの記入を忘れないで下さい。

例: My name is Taro Yanada ( GWN username: dokaben ).
  This pymt is for PEP purchase of (ココに購入したPEP数を入れる).

支払い後、サポートへの連絡は必要ありません。
バックオフィスのPEPタブの表示まで24時間お待ち下さい。

100以上のPEP購入に対して、10%のマッチングボーナスが加算される。

例: 100PEP購入の場合⇒ 110PEP  (10%のサービス付)
例: 200PEP購入の場合⇒ 210PEP  (10%のサービス付)


--------------------------------------------------------------------------------------------

■メモ:
PEP未公開株購入に関しては、100%自己責任にてお願いします。
私、個人的には、購入はお薦めしません。
株価が100倍へ上がるかも知れないという説明は、”多少オーバー”も
あるかもしれません・・・。また、株は、”紙切れ” となる可能性もあります、宝くじを購入したつもりでと
お考えくらいでしたら、100PEPぐらい購入してもいいかもしれませんが・・・自己責任にてお願いします。




グリーンウィンの醍醐味は、完全0円のリスクゼロで、

みなさん自身が使う「通信費の節約」です~!

グリーンウィンの便利なサービスで堅実に、「通信費の節約」と・・・ 

「アフィリエイト」にも挑戦したい人は、挑戦するもよし!




堅実が一番です



▼グリーンウィンご登録はこちらへ

▼GWNとは?こちらへ

▼報酬シュミレーションはこちらへ

▼報酬のからくりはこちらへ

▼よくある質問はこちらへ




Copyright © GreenWin 無料ではじめて広告収入を貰おう! All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。